×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年度地域防災訓練

2007年10月14日(日)
笠原小学校グラウンド

火災発生

埼玉県防災航空隊のヘリコプターが到着
火災現場を確認

消火剤を投下

消火剤が投下されて、ヘリコプターの自重が変わってくる、そのバランスをとるのは大変なのではないだろうか

一点に、正確に投下する。

消火

仕事を終えて帰還

付近を確認。

屋上に取り残された人が・・・。
機首を返す。

近寄って、確認。

視認

ロープをたらす

一人の隊員が降下

降下は、あっという間で、撮影が追いつかず。
残念。

ロープは、降下用で、新たに、吊り上げようの、ワイヤーをおろす。

的確に、ワイヤーが目的地点に。

取り残された人を、隊員が確保して吊り上げる。

訓練だが、屋上に取り残された人は・・・。
もしかして・・・。

上の写真をアップにして、トリミング。
あれー、もしかして、女性???
勇気ある。

本当にすごい。
勇気ある。
「誰に、感心してるんじゃ」と、影の声。

いやいや、すごいぜ。
高所恐怖症の私には、できません。

すべての任務を終えて、帰還。
隊員には聞こえないだろうが、拍手。

女性の活躍が目を引いたが。
地上でも。
あれ、もしかして、女性隊員。

初めての女性消防団員が誕生
▼10月1日、久喜地区消防組合消防本部で女性消防団員辞令交付式及び結団式が行われました。これまで、久喜地区の消防団は男性団員のみで構成されていまし たが、今回、初めて女性の消防団員が誕生することになりました。▼今回、団員となったのは12名、うち3名が宮代町の団員です。

(宮代町ホームページより)

男性隊員も

放水訓練

決まっています。

町民の安全を守る気概に溢れています。